99年12月21日号

1999.12.22

ホラケン+大勲位+生きた化石=?
原健三郎+中曽根康弘+桜内義雄=156 年齢じゃないです。
三人の衆議院在職年数です。
僕は基本的に議員の定年制には反対です。
有権者が選んだ代表に、年齢がどうたらとけちをつけるのはおこがましいと思います。
もうこの人には引いてもらうべきだ、という判断は、有権者が選挙の投票で示すべきもので、ルールで決めるべきものではないと思っています。
ただし、これは、あくまで選挙区で選ばれる議員や首長のことであって、比例代表となると話は別です。
今のルールでは、有権者はリストを提示され、その中からは選べないわけですから。
自由民主党も、比例代表のリストに関しては、年齢制限をすべきだと思います。
今、党内で議論のテーブルに上っているのは73才で、線を引くということのようです。
なんで70じゃないのか、というと、まあ、参議院との絡みで、ということのようです。
80才だとわずか14人しか抵触しない、という説明がありました。(えっ、わずか?)
とりあえず、73才定年制の自民党内ルール、比例代表ではやるべきだと思います。
皆さんはどう思いますか。
YKKっちゅうのは、一体何を考えているのか。
小泉純一郎さんが、自民党の候補者のいる選挙区で、野党の応援に行って処分されたのに引き続き、加藤紘一さんも自民党現職のいる選挙区で、その人に対抗して立候補しようとしている人の応援に行った。
もう総裁候補はやめたんでしょうか。上がアホやと、若手は苦労が絶えませんな。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

最新記事

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする