99年4月1日号

1999.04.01

朝、コソボ問題で外交部会。
米田代議士、小杉前政調会長代理から外務省の対応はおかしいのではないかとの意見が出される。
ところで、何で外務委員会はこういう問題で開かれないのか。
米朝合意やなんやらはいいのか。条約を通すだけが仕事じゃないはずだが。

国対。今週は本会議は今日でおしまい。
11日まで地方選挙モード。
委員会、やるところは勝手にやってね、という感じ。
副大臣制と政府委員廃止の説明。
合計で副大臣26人、政務官27人というのはおかしいのではないか、各省副大臣2人、政務官6人以内のほうが良い案だと思う、政治主導でやるという意図ならば、省庁再編で次官相当ポストをきちっと減らすべきだ、党改革本部のおかしな提言にのって政務官人事を派閥単位でやるべきではないのでは、と質問。
政務官は政府と党、政府と国会の間の円滑な関係を作る為のポストで云々という回答。
ちょっと待った。それじゃあ国対じゃないか。
政務官てのは政策立案にかかわるんじゃないのか。
副大臣はラインで政務官はスタッフ。
なんじゃそりゃ。意味不明。国対主導の協議会なんか、この調子ではだめだ。
官僚のやる気を維持するためにも次官級ポストは必要だ、そうだ。
なんか、執行部は官僚に化かされている。
派閥単位の抜擢はやらない、国対の出席その他、汗を流している奴を抜擢する、そうだ。
意味不明の本会議、内容の無い委員会をやり、その場に居る奴が偉いという今のシステムを変えなけりゃ。
悪いけれど今の国対システムにはまるつもりは全く無い。
それじゃ、偉くなれないよって?
そのうち、まとめて根元から変えるからいいさ。

青山のカフェで、明石さんにアドバイスをする若手議員の会。
マスコミ向けの演出だった。
もっとはっきり言いきれ、という意見とほんわかしたのがいい、という両方の意見が出て、明石さんも苦笑していた。
高市早苗代議士がガンバローコールなんてダサイからと、「よっしゃー」コールの音頭をとったが、それじゃ大阪府知事選挙だと、橋本聖子参議院議員の音頭でガンバローコール。お疲れさま。

いよいよ、明日から県議選!!!



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする