99年1月5日号

1999.01.05

あけましておめでとうございます。

なんとか、国会議員の実際の活動内容を有権者の皆様に伝えていきたい、そしてそれを伝えることによって政治に興味の無かった方々にも、政治に興味を持って頂きたい、と思ってこの「ごまめの歯ぎしり」メールマガジン版をはじめました。

大変多くの方から、ざっくばらんなコミュニケーションをいただき、なるほどインターネットの双方向性はすごいと感じると同時に、永田町の内外のギャップはすさまじいものがあるな、と痛感しています。
もちろん、政治家に一義的かつ最大の責任がありますが、マスコミの政治部にも大きく変わって頂かないと、このギャップは埋まらないだろうなとも思います。
これを読んでいる政治部のあなた、そう、あなた、今のままでいいと思ってはいけません。
日本を変えるために一緒にがんばりましょう。

河野太郎宛にいただいた電子メールその他には、なるべくお返事を差し上げるようにしておりますが、年末、年始にいただいたメールについては、大幅に返信が遅れております。お許し下さい。
また、電子メールには、せめて本名とご住所程度は添えて頂きたいと思います。
同じ文章で数多く発送されてくる定型の電子メールには、返信しておりません。(パソコンに向かう時間+睡眠時間=一定)という方程式の中で生活しているものですから、割愛させて頂いております。お許し下さい。
同様に、国会議員ALLで発送されてくるメールも拝見しておりますが、返信しておりません。

今年は、1月15日の青年局主催行事、「自民党の新しい総裁候補は誰だ。手垢のついていない新鮮な政治家を担ごう」からスタートします。(えっ、そんなタイトルじゃねえぞって。
まさか、青年局でそうはおおっぴらに言えないから適当なタイトルをつけただけで、本音はそういう事です。ねっ、小此木青年局長。)

総裁選挙の公選規定を変えて、党員投票分と国会議員分を一対一にしようという動きも、山本一太参議院議員と一緒にいよいよ本格的に始動します。

今年頑張らずにいつ頑張る。平成いい年めざしてがんばりましょう。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする